島根県

美の創造者 北大路魯山人 ―新収蔵品を含む名品を一挙公開―

北大路魯山人(1883~1959)は若くして書と篆刻で身を立て、当時の風流人との交流を通じて料理と美術に開眼すると、美食道楽が高じて料亭「星岡茶寮」を開設。料理人としての声望を得るとともに、食の空間を彩る食器や花器、絵画や調度などを手がけた。書画、陶芸、漆芸など、それらの作品はあらゆる分野で濃密な個性を放っている。
足立美術館の魯山人コレクションは、創設者・足立全康(1899~1990)によって200点余りが集められた。全康の没後、創設者の遺志を継いだ現館長・足立隆則(1947~)が精力的に収集し続け、現在では約400点を所蔵するに至っている。
本展では、北大路魯山人の作品だけを展示する新たな施設「魯山人館」の開館を記念し、同館が誇るコレクションの中から、新収蔵品を含む約120点の名品を厳選し、一挙公開する。魯山人作品を鑑賞するために設計された展示空間で、その芸術を心ゆくまでご堪能いただきたい。
※魯山人館で開催

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る