大阪府

万博50周年記念 春季特別展 民藝の力 ―パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70―

大阪日本民芸館は1970年の大阪万博に東京駒場の日本民藝館が出展した、パビリオン「日本民藝館」を継承して開館した。
パビリオン「日本民藝館」では、日本民藝館が収蔵する200点もの優品と共に、当時の産地の作品や、濱田庄司、河井寬次郎、芹沢銈介と言った民藝運動を代表する作家の作品が並び、まさに民藝運動が見出し育んできた「暮らしの美」を存分に展観する内容だった。来年2020年は大阪万博にパビリオン「日本民藝館」が出展されてから、50年の節目の年。
これを記念して、令和2年度春季特別展では、東京の日本民藝館に御協力いただき、全館通して万博当時の再現展示を試みる。
質量ともに類まれな規模のコレクションがご覧いただける機会となる。力強いまでの当時の熱気と、時代を貫く民藝の美の世界をご高覧いただきたい。

開催概要

直前の記事

明治の美術染織

染め・織り・繍いといった染織の技術は、古くから衣類や生活雑貨に用いられ、人々の生活に根付き発展してきた。明治時代に入ると、染織によって絵画の図様を表した室内装飾品が盛んにつくられるようになり、海外に多数輸出され、また、皇

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る