京都府

京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢」 最初の一歩:コレクションの原点

京都市美術館のコレクションの「最初の一歩」がどのような内容であったのか、87年の歴史を遡って紹介する特別企画。開館3年目(1935年)の春に初めて開催した「本館所蔵品陳列」に出品された、コレクションの原点となる所蔵作品47点を一挙に展示する。
その内訳は、日本画22点、洋画10点、彫刻5点、工芸10点だが、開館記念展となった大礼記念京都美術展や第15回帝展、第21回院展の出品作から美術館が購入した作品(38点)に加えて、美術館建設を推進した大礼奉祝会や作家から寄贈された作品(9点)が含まれていた。
本展を通して、再出発する美術館のコレクションの将来への「夢」を皆様とともに描いていきたいと願っている。

開催概要

直前の記事

no image

上原コレクション名品選2

今年度、新たにコレクションへ加わったアルベール・マルケ《ルーアンのセーヌ川》。灰色がかった穏やかな風景は上原コレクションの特徴をあらわしている。そのほか、印象派絵画から仏教美術まで、収蔵品のみどころを紹介する。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る