岐阜県

記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ(岐阜展)

イタリア現代陶芸の巨匠ニーノ・カルーソ(1928-2017)は、神話性、象徴性を制作におけるテーマの一つとしている。初期は、自身のルーツであるシチリアの記憶と結びつけた装飾的な器物を制作していたが、次第に古代ローマやギリシャ、エトルリアの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かう。こうしたカルーソの表現は、日本を含め世界中で高い評価を得ている。
またカルーソは、美濃焼で知られる当地の世界的なコンペティション、国際陶磁展美濃の第1回展(1986年) から第6回展(2002年)まで審査員を5度歴任するなど、美濃にもゆかりが深く、この国際陶磁器展美濃は、2020年秋に第12回の開催を迎えようとしている。
本展は、ニーノ・カルーソの偉業を、92点の代表作と数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じて紹介する、日本で初めての本格的な回顧展である。

開催概要

直前の記事

no image

収蔵作品展「春に出会う」

諏訪市美術館の1400点を超える収蔵作品の中から「春」の情景をテーマにした作品を選出し、展示する。 同時開催として、平成30年度に修復した作品のお披露目展示をおこなう。修復過程を解説しながら展示し、修復の成果とともに作品

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る