福井県

『芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師』展(福井展)

「最後の浮世絵師」と称される月岡芳年(1839‐1892)は、12歳で歌川国芳に入門して役者絵を手掛け、その画力は当時から世間の注目を集めた。初めての怪奇画集「和漢百物語」を発行してからは、次々に傑作を送り出し、江戸から明治への激動の転換期の戦いや事件を、静と動の巧みな構成によってリアルに再現し、大衆の人気を得ている。本展では、芳年が描いた武者絵や怪奇絵、物語絵、美人画など約200点の作品を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る