東京都

開館10周年記念 画家が見たこども展 ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン展

公式サイト

2020年に開館10年目を迎える三菱一号館美術館は、丸の内に位置する美術館として都市と芸術のかかわりにスポットをあてた企画や、建物の特性を活かした親密なテーマによる展覧会を数多く開催してきた。10周年を記念する本展では、19世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちが追求した親密なテーマの中から「子ども」に焦点をあて、都市生活や近代芸術と「子ども」との関係を検証する。フランス、ル・カネのボナール美術館の全面協力のもと、国内外の美術館および同館の所蔵品から、ボナール、ヴァロットン、ドニ、ヴュイヤールらナビ派を中心とした油彩・版画・素描・挿絵本・写真等約100点により展覧する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る