東京都

ボストン美術館展  芸術×力

古今東西の権力者たちは、その力を示し、維持するために芸術の力を利用してきた。威厳に満ちた肖像画は権力を強め、精緻に描写された物語はその力の正統性を示している。また、美しい工芸品は宮廷を彩り、ときに外交の場で活用されてきた。一流の画家や職人につくらせた芸術品は、今も見る人々を圧倒する荘厳な輝きを放っている。そして、多くの権力者たちは、自らも芸術をたしなみ、またパトロンとして優れた芸術家を支援したほか、貴重な作品を収集した。彼らが築いたコレクションは、今日の美術館の礎ともなっているのだ。本展では、エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本など様々な地域で生み出された約60点の作品を紹介する。私たちが鑑賞する芸術作品が本来担っていた役割に焦点を当て、力とともにあった芸術の歴史を振り返る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る