新潟県

ふるさとの記憶 第6弾 西蒲区の隠れた名品展

新潟市内の学校や個人、公共施設などが所蔵し、普段は目にする機会が少ない「隠れた名品」を調査、発掘して光を当てる展覧会シリーズの第6弾、今回は「西蒲区」。
日本画の本間翠峰、樋口峰夫、洋画の三冨與一、佐藤吉五郎など、この地域出身の作家による作品のほか、日本画では森田沙伊、洋画では高間惣七、版画では池田満寿夫、小野忠重、高橋信一たちの魅力溢れる名品の数々に加えて、今回は、巻郷土資料館所蔵の浮世絵コレクションから小林清親らの「隠れた名品」をご覧いただく。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る