広島県

マイティネット創立45周年記念 印象派のいろは展

モネ、ルノワール、ドガたちが創始した印象派は、日本のみならず世界中で愛され続けてきた。本展は、ひろしま美術館のコレクションの中から、選りすぐりの印象派絵画の数々と、印象派を生む契機となった19世紀美術、印象派を受けて更に新しい時代へと突入したピカソなど20世紀の巨匠の作品も合わせて展示し、あらためて「印象派」とは何かを、美術ビギナーの方にも分かりやすく紹介しようとする試みである。また明治以降に西欧文明の流入したことによって新しく成立した日本画や日本洋画において、日本人の画家たちが印象派をどのように受容し、日本的絵画を構築していったのかも探る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る