愛知県

所蔵企画展 画家たちの欧羅巴(ヨーロッパ)

明治維新とともに日本では近代化が進み、急速な西洋文化の流入が始まった。日本人の画家たちもまた、ヨーロッパの文化や芸術に衝撃を受け、自身の作品に多かれ少なかれ取り入れていくことになる。本展では、日本の洋画家たちの作品を中心とした約55点により、彼らがヨーロッパに抱いた憧れや葛藤の念から生み出した表現の数々を紹介する。

開催概要

直前の記事

深井隆 -物語の庭-

深井隆(1951年生まれ)は、日本を代表する彫刻家。東京藝術大学、同大学院に学び、その後35年にわたり同校の美術学部彫刻科で指導にあたった。深井は素材として主に樟を使い、翼のある椅子や馬など一貫したモチーフによる作品を「

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る