大阪府

国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展

薬師寺は、西暦680年天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈願して発願された。その薬師寺に創建当初から唯一現存する東塔の大規模な解体修理の落慶を記念する展覧会。今回の修理の成果を初めて紹介すると共に、1300年の長きに渡り東塔の頂を飾っていた水煙や、非公開の国宝、重要文化財を多数含む薬師寺の寺宝を一堂に展示する。

開催概要

直前の記事

メスキータ展(兵庫展)

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)は、19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家、版画家、デザイナーで、この時代のオランダにおける最も重要なグラフィック・アーティストの1人と言われる。彼

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る