兵庫県

特別展「長くつ下のピッピ™の世界展」(兵庫展)

天真爛漫で力まさりの女の子が繰り広げる奇想天外な物語「長くつ下のピッピ」は1941年、スウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーン(1907‐2002年)が娘に語り聞かせた即興のお話から生まれた。1945年に出版されてから世界各国で翻訳され、読み継がれている。
初版から2020年で75周年。「ピッピ」のオリジナル・タイプ原稿のほか、「ピッピ」や「ロッタちゃん」「やかまし村」シリーズの挿し絵原画を展示。
さらに「子どもの本の女王」と称され、女性や子どもたちの地位向上にも尽力したリンドグレーンゆかりの品などを一堂に集め、今も愛される〝世界一つよい女の子〟ピッピの物語とリンドグレーンのメッセージを紹介する。

開催概要

直前の記事

特別展 尾張徳川家の雛まつり

江戸時代の尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた、気品に満ちた有職雛や、婚礼調度のミニアチュールである雛道具は、いずれも御三家筆頭の名にふさわしい質の高さを誇る。また明治から昭和にいたる尾張徳川家21代義宣(よしのぶ)夫

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る