大分県

ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展(大分展)

リヒテンシュタインは、スイスとオーストリアにはさまれた国で、元首のリヒテンシュタイン侯爵家は500年以上にわたってヨーロッパ美術の名品を収集してきた。その数は3万点にもおよぶ。本展では、北方ルネサンス、バロック、ロココ時代の絵画と、ヨーロッパの王族や貴族の趣味が色濃く反映された磁器の名品などを多数展示し、優雅な宮廷文化を紹介する。
リヒテンシュタイン侯爵家のコレクションの展覧会は、九州初開催となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る