東京都

第12回恵比寿映像祭 「時間を想像する」

公式サイト

恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティヴァル。映像分野における創造活動の活性化をめざし、東京都写真美術館全館および地域会場で開催される。第12回となる今回は、「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質について迫る。展示や上映の作品から、鑑賞者と映像を巡り・楽しみ・考えるプログラム「YEBIZO MEETS」の展開までを通じて、多様な映像表現に触れていく。 なお、第12回恵比寿映像祭は、オリンピック・パラリンピックの開催都市東京が展開する、2020年を盛り上げる文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の1つとして実施するものである。

開催概要

直前の記事

色彩の画家 ラウル・デュフィ展 ーパリジェンヌが愛したテキスタイル・デザインー(長野展)

華やかで明るい色彩と軽妙な筆致の作品で、現代でも多くの人々を惹きつける画家ラウル・デュフィ(1877-1953)。本展では、モダンで優美な絵画と、モードの帝王ポール・ポワレら20世紀初頭のオートクチュールのデザイナーたち

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る