群馬県

郷土の画家 髙橋三兄弟展-明治生まれの澤三・五郎・重朗ー

髙橋澤三・五郎・重朗は、北甘楽郡額部村大字岩染(現在の富岡市岩染)の旧家に生まれた。父・伊蔵と母・カツはともに教育熱心であり、厳しい社会経済情勢にもかかわらず、3人を美術学校に進ませて画家・教育者に育てた。
本展では、富岡市の絵画の先駆的な存在であり、富岡市が輩出した郷土の画家として、髙橋家に育った6人のうち、絵を描くことに生涯を捧げた澤三・五郎・重朗三兄弟の作品を紹介する。澤三と五郎は油彩画を描き、重朗は日本画を描いた。思いを込めたていねいな筆致をたどりながら、時代の移り変わりを感じつつ、3人が描いた作品の世界を堪能いただきたい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る