群馬県

前橋の美術2020―トナリのビジュツ―

前橋ゆかりのアーティスト47名による展覧会「前橋の美術2020―トナリのビジュツ―」を開催する。
本展は、「前橋の美術2017」の継続と発展を目指す。前橋に住む様々なジャンルのアーティスト、ギャラリスト、学芸員による「前橋の美術実行委員会」を立ち上げ、前橋ゆかりのアーティスト47名を選出した。その中で、半数以上が今回初めて参加するアーティストとなることから、新鮮な展覧会が期待される。
新しい展開としてアーツ前橋の展示に加え、街なか数カ所でも展示を行う。また、学校や福祉施設等への支援活動「アートゆい」を会期前から実施。さらに、市内11カ所のギャラリーと1カ所の私設美術館が同時期に協力企画展を開催し、アーツ前橋を核とした前橋のアートシーンを創出する。
テーマは「人と人とのつながり」。サブタイトルの「トナリのビジュツ」には、地域の人々とアーティストのつながり、アーティスト間のつながり、ギャラリーと地域の人々やアーティストのつながりを再確認する意味が込められている。アートを通して、地域の中で互いを思いやり、認め合い、協力し合える社会になるための一助になればと願っている。
アーティストと市民の創造的な「つながり」とその成果をご高覧いただきたい。

開催概要

直前の記事

やきもの王国 ―中世猿投窯と常滑窯―

古代から中世前期まで続いた猿投窯の技術は、周辺窯業地へと伝播し影響を与えた。その中でも瀬戸窯・常滑窯は、日本六古窯(にほんろっこよう)にも数えられ、現在まで続く愛知県の窯業として継承されている。 常滑窯は、12世紀前半に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る