千葉県

Ch_AIR -Chiba Prefectural Museum of Art: Artist in Residence

千葉県立美術館を舞台に、作家の滞在制作を支援する活動、アーティスト・イン・レジデンスを行う。招へい作家は、スウェーデン出身、Jojo(ジョジョ)の愛称で親しまれているJoséphine Vejerich Watanabe(ヨセフィン・ヴェイリッシ・ワタナベ)。
Jojoは、2019年まで山梨県に在住し、同地を拠点にコラージュ、イラスト、陶芸作品などを発表してきた。これらの旧作を展示するほか、滞在制作として第7展示室にある大きな窓に絵を描いていく。
また、その場で完成できるスタンプのワークショップを開催。作家が制作したスタンプを使って、ポストカードを作る。

開催概要

直前の記事

no image

瑛九・靉嘔・池田満寿夫

瑛九、靉嘔、池田満寿夫の3人は、戦後の前衛美術グループ「デモクラート美術家協会」において、同じ理念のもと制作を行った作家たち。 瑛九は、無尽蔵に湧き上がる具象・抽象のさまざまなイメージを作品の中で表現し、前衛美術の先駆者

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る