埼玉県

森田恒友展(埼玉展)

森田恒友(1881-1933)は埼玉県熊谷市に生まれ、明治末から昭和初期にかけて活躍した画家。はじめは洋画家として出発し、東京美術学校に入学して、先輩の青木繁から影響を受けた浪漫主義的な作品を描いた。卒業後は『東京パック』などの雑誌や新聞に挿絵や漫画を描き、美術文芸雑誌『方寸』の創刊にも携わる。1914年にヨーロッパに渡ると、セザンヌに深く傾倒して、その影響を強く受けた作品を制作した。しかし、翌年に帰国して国内各地を旅するうちに、水墨表現が日本の風景に適していることを見出し、後半生には、柔らかな筆使いで旅先や武蔵野の自然をとらえた日本画を発表するようになった。
「自然と共に生きて行かう」は、恒友自身が残した言葉だ。生涯を通じて洋画と日本画の両方を手がけ、さまざまな作風を試みた恒友だが、自然やその地に暮らす人々を静かに見つめ、共感を込めて描く制作態度は一貫していたといえるだろう。最晩年には、自然に向き合ったときに感じる喜びや寂しさをすべて包み込むような、おおらかで澄み切った画境に達した。
この展覧会では、初公開を含む洋画と日本画の主要作品、および雑誌やスケッチブック、書簡、装幀本等の資料を交えた約250点によって、初期から晩年にいたるまでの森田恒友の足跡をたどり、その魅力を紹介していく。
※会期中一部展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る