東京都

特別展 虎屋のおひなさま

三月三日。この日に男女一対の雛人形を飾り、雛節供[ひなせっく]として祝うようになったのは江戸時代に入ってから。付属する人形や雛道具の種類は徐々に増えていった。和菓子の老舗、虎屋十四代店主黒川光景[くろかわみつかげ](1871~1957)が、長女・算子[かずこ]のために揃えた雛人形と雛道具は、往時の華やぎを伝える、質・量共に優れたコレクションだ。雛人形は京都の丸平大木人形店の品格漂う内裏雛。一方、雛道具の大半は上野池之端の七澤屋[ななさわや]製で、極小の調度が多種多様に揃う。本展ではこれらと同時に、根津美術館で所蔵する婚礼調度も併せて紹介する。雛道具の原型とされる婚礼調度とミニチュアの雛道具とを比較しながら、江戸の細密工芸の世界を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る