愛知県

コートールド美術館展 魅惑の印象派(愛知展)

公式サイト

ロンドンのコートールド美術館は、イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂。マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワールが第一回印象派展に出品した記念碑的作品《桟敷席》、セザンヌ《カード遊びをする人々》、ゴーガン《ネヴァーモア》など巨匠たちの代表作がずらりと並ぶ。それらが貸し出されることは滅多にないが、このたびコートールド美術館の改修工事のために多くの名作が来日することになった。美術館の創設者サミュエル・コートールド(1876-1947)はイギリスの実業家で、卓越した審美眼を持つコレクターでもあった。フランス近代絵画の魅力を母国に伝えたいと、1920年代を中心に、精力的な収集を行う。1932年、ロンドン大学に美術研究所が創設されることが決まると、コレクションを寄贈。研究所はコートールド美術研究所と名付けられ、その展示施設としてコートールド美術館が誕生した。本展では、その研究機関という側面にも注目し、美術史研究や科学的調査の成果を取り入れながら、作品を読み解いていく。選りすぐりの絵画・彫刻約60点との豊かな対話を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

水戸芸術館開館30周年記念事業 森英恵 世界にはばたく蝶

私の蝶は銀色に輝くジェット機のイメージよ――。日本のファッションデザイン界のパイオニアである森英恵のこの言葉には、自身の代表的なモチーフである蝶に込められた想いが詰まっている。戦後の復興期にファッションデザイナーとして走

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る