愛知県

愛知県美術館所蔵 木村定三コレクションの文人趣味と煎茶 ―こだわりの遊び―

木村定三氏は、名古屋の生んだ卓越した美術蒐集家として知られ、弱冠25歳で熊谷守一のコレクター、以降パトロンとなったことは有名な話である。これまでに愛知県美術館に寄贈されたコレクションは、近現代の美術、江戸時代の絵画、茶陶、仏教美術や考古遺物など3307件に上る。
本展では、中国黄檗隠元の書をはじめ、康煕帝の硯、浦上玉堂、長沢芦雪、曾我蕭白、富岡鉄斎、小川芋銭、熊谷守一などの作品、文人趣味の漆器や金属器、陶磁器を含めた煎茶道具など、137件を展示する。
作品の背景にある中国古典の解説を加え、木村氏の蒐集精神と文人精神の一端を紹介する。

開催概要

直前の記事

シリーズ展6「仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:仏像ひな型の世界」

仏像などの彫刻をつくる際、仏師たちは「雛型」と呼ばれる模型を使用した。大きな仏像をどのようにして効率的に彫るかを考えるため、または注文主である施主や発願者にみせる完成予想図としての役割などを果たしたのだろう。 江戸時代に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る