宮城県

国指定史跡 入の沢遺跡

入の沢遺跡は古墳時代前期後半(4世紀後半ごろ)、宮城県栗原市につくられた大規模な集落遺跡。大溝と塀跡に囲まれた極めて防御性の高い遺跡で、建物跡から銅鏡や玉類・土器など貴重な資料が数多く発見された。なかでも銅鏡は、同時代の日本列島最北の発見だ。このことから、入の沢遺跡は古墳時代前期にヤマト政権の勢力が及んだ北限域と考えられ、平成29年に国の史跡に指定された。本展示では、発掘された資料から入の沢遺跡で古墳文化を営んでいた人々の実態に迫る。

開催概要

直前の記事

no image

柄鏡の美

柄鏡は、銅鏡に柄を付けたもので江戸時代に流行した化粧道具。柄の付いた和鏡は、室町時代終わりからみられ、江戸時代に庶民が使うようになるとだんだんと鏡が大きくなり、鏡背には、吉祥紋や風景、文学の一場面など様々な図柄が描かれる

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る