東京都

ピーター・ドイグ展

公式サイト

ピーター・ドイグ(1959-)は、ロマンティックかつミステリアスな風景を描く画家である。今日、世界で最も重要なアーティストのひとりと言われている。彼は、ゴーギャン、ゴッホ、マティス、ムンクといった近代画家の作品の構図やモチーフ、映画のワンシーンや広告、彼が過ごしたカナダやトリニダード・トバゴの風景など、多様なイメージを組み合わせて絵画を制作してきた。

私たちが彼の作品に不思議と魅せられるのは、誰もがどこかで見たことのあるイメージを用いながらも、見たことのない世界を見せてくれるからだと言えるだろう。本展は、ピーター・ドイグの初期作から最新作までを紹介する待望の日本初個展。絵画から広がる想像の旅へ、みなさんをお連れする。

開催概要

直前の記事

阿部芳太郎展

宮沢賢治の詩集『春と修羅』の外箱装丁に携わり、彼が推し進めた農民劇の背景画を担当した花巻の画家として知られる阿部芳太郎(1892‐1946)は、賢治との交友はもとより同地域の美術運動をけん引し、その中核をなす絵画活動を展

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る