新潟県

蔵出しコレクション 草間彌生+アメリカに渡ったアーティストたち

近年、カボチャの野外彫刻や、色鮮やかな連作絵画を発表し、幅広い世代に注目されるアーティスト、草間彌生(くさま・やよい 1929年生まれ)。
新潟市美術館は、国内美術館では最初期の回顧展「草間彌生 はじける宇宙」(1992年)や、近・新作による個展「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(2012年)により、その作品世界を大規模に紹介してきた。また、繊細な色彩が静かに滲み出してくるような初期パステル画《線香花火》(1952年)や、幅8.4m、高さ3.2mの大作《流星》(1992年)といった貴重な作例の収集も進めてきた。中でも、南魚沼市出身の版画刷り師、木村希八と共に取り組んだエッチング59点は、鉄筆で刻み付けた生々しい線描で自伝的テーマを表現し、他の素材・技法にはない「知られざる草間」を味わえる作品群だ。
本展覧会は同館が所蔵する草間作品全85点を、初めて一挙公開し、「クサマ・ワールド」の多岐に渡る魅力をご覧いただく。
併せて、草間が1958-73年ニューヨークを拠点に創作の幅を広げ国際的な評価を得たことにちなみ、滞在中に親交を深めたジョゼフ・コーネル。草間と同じく、アメリカに渡って転機を迎えた靉嘔(あいおう)、荒川修作(あらかわ・しゅうさく)、篠原有司男(しのはら・うしお)らの表現を収蔵品より紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る