新潟県

1964年 東京―新潟

1964年の東京オリンピックは国家の一大プロジェクトとして華々しく開催され、その公式ポスターをデザインしたのは新潟出身のデザイナー・亀倉雄策(1915-1997)だった。このオリンピックは、デザイナーたちが総力を結集して取り組んだ一大デザインプロジェクトであったと言われている。同年、東京では読売アンデパンダン展が中止され、反芸術の議論が過熱する一方、新潟では全国に先駆けて現代美術館が長岡市に開館するなど、現代美術をめぐる状況は過渡期を迎えた。
本展では、「東京オリンピック」と「長岡現代美術館」を中心に、日本美術のひとつの転換期にあたるこの時代の美術の諸相を、当館と駒形十吉記念美術館の所蔵品を中心に展観する。また、2020年春に取り壊しが決まっている長岡現代美術館(現・長岡商工会議所)の建物および移設される斎藤義重の壁面レリーフは、当時の面影を残す稀有な遺構。この貴重な建物を記録に残し、その写真を併せて展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る