奈良県

特別陳列 お水取り

お水取りは東大寺の二月堂でおこなわれる仏教法会で、正式には修二会という。法会の目的は、仏の前で罪過を懺悔すること(悔過)。現在は3月1日から14日までおこなわれ、その間、心身を清めた僧(練行衆)が十一面観音の前で宝号を唱え、荒行によって懺悔し、あわせて天下安穏などを祈願する。
お水取り(修二会)は、天平勝宝4年(752)に東大寺の実忠和尚が十一面悔過を創始して以来、一度も絶えることなく不退の行法として約1260年以上にわたり営まれ続けてきた。そこには東大寺が歩んできた長い歴史が刻み込まれている。
本展は、毎年、東大寺でお水取りがおこなわれるこの時季にあわせて開催する恒例の企画。実際に法会で用いられた法具や、歴史と伝統を伝える絵画、古文書、出土品などを展示し、お水取り(修二会)への理解が深まる一助となることを目指す。

開催概要

直前の記事

no image

特集展示 神像と獅子・狛犬

われわれのご先祖さまは、神さまをどのような姿と考えていたのだろうか。今にのこる神々の像は、貴族のような姿のものあり、甲冑をまとって怒りの表情のものあり。さまざまな姿をしている。神様をまもる獅子・狛犬も、たとえば平安時代後

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る