広島県

絹谷幸二の世界 -富士山を中心に-

絹谷幸二(きぬたに・こうじ)は、1943年、奈良県に生まれた。1966年に東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業後、同大学院で壁画を専攻し、アフレスコ(フレスコ画)の研究に邁進した。1971年には、イタリアへ留学してヴェネツィア・アカデミアに入学し,ブルーノ・サエッティに師事。帰国後は、《アンセルモ氏の肖像》で画家の登竜門と言われた安井賞を当時の最年少記録で受賞。アフレスコ技法による色彩豊かな画面、そして劇画の要素を絵画表現へ取り込んだ、エネルギーに満ちた独自の画風を確立した。

現在、絹谷は独立展を主な発表の場としながら、国内外で数々の個展を開催し、2001年、日本芸術院会員に任命され、2014年には文化功労者に選出されたほか、文化庁と日本芸術院が行っている「子供 夢・アートアカデミー」にも積極的に関わっている。さらに、日中観光文化交流団の団長として、国境を越えた文化交流においても重要な役割を果たすなど、ますますの活躍が期待されている、現代アフレスコ画の第一人者である。

絹谷の画題は、人物、風景、静物に現代の時事や歴史、交友関係などの事象を絡ませるなど実に多彩であるが、少年時代より描いてきた富士山は、制作の原点である。絹谷は富士山を描く事由として、「自然という作家が生み出した巨大な造形物、自然の意志によって生み出されたもの」として敬愛し、地球の命の営み、その上で暮らす人間の営みに寄せて、これまで数多くの富士を描いてきた。
本展では、日本人として親しみ深い富士山との関わりをとおして、絹谷作品から発したさまざまなメッセージを読み解きながら、その画世界の魅力を紹介するものである。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る