宮城県

アイヌの美しき手仕事 柳宗悦と芹沢銈介のコレクションから(宮城展)

今から約80年前の1941(昭和16)年、柳宗悦(そうえつ、本名むねよし)は、自身が館長をつとめる日本民藝館で、「アイヌ工藝文化展」を開催した。
作品選定と陳列を任されたのは、柳を師と仰いだ染色家の芹沢銈介で、染織、木工など600点を紹介。これが芸術的観点からアイヌの造形美を取り上げた最初の展覧会となった。
民衆の暮らしから生まれた実用品にこそ、健やかな美があることを発見した柳宗悦は、アイヌの工芸に注目し、「啻(ただ)に美しいのみならず、立派でさえあり、神秘でさえあり、其の創造の力の容易ならぬものを感じる」と高く評価した。
昭和16年に展示されたアイヌコレクション(杉山壽栄男蒐集)の多くは、残念ながら戦災で灰燼と化したが、アイヌの美に魅せられた柳宗悦と芹沢銈介は、その後、多くのアイヌ資料を集め、それらは現在、日本民藝館、静岡市立芹沢銈介美術館などに受け継がれている。
この展覧会では、柳宗悦と芹沢銈介の眼によって蒐集されたコレクションを中心に展示し、壮麗で力強い造形美を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る