東京都

19世紀生まれの絵師と明末清初の民窯五彩

19世紀に生まれた四人の絵師(椿椿山(1801年生まれ)、(岡本秋暉(1807年生まれ)、滝和亭(1830年生まれ)、渡辺省亭(1851生まれ))の絵をそれぞれ一作品ずつ展示する。
日本で天啓赤絵、南京赤絵などと呼ばれ愛好された明時代末から清時代初めにかけて民窯で作られた五彩作品も展示する。
陶磁器の常設展示作品「日本のやきもの」、アジアの仏教彫刻7点(常設展示作品含む)や岡田茂吉作品も展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る