東京都

サロン展 彫刻家 ・ 村田勝四郎と日本野鳥の会

村田勝四郎(1901/明治34~1989/平成元年)は大阪に生まれ、東京美術学校(現東京藝術大学)に学び、渋谷区元代々木町にアトリエを構え、渋谷区立松濤美術館に多くの作品を寄贈するなど、渋谷とのゆかりの深い彫刻家だった。
美術学校で朝倉文夫の指導を受けた村田は、先輩の安藤照や堀江尚志らとともに「塊人社」の結成に参加し、独自の活動の道を模索する。戦前は塊人社展ほか帝展、新文展、戦後はおもに新制作協会展に出展、東京・霞が関ビルなどのモニュメント制作にも携わった。
一方で、1934(昭和9)年に思想家の中西悟堂が「日本野鳥の会」を創立すると、翌年に入会。当初、野鳥を愛する文化人たちの集まりとして出発しながら、戦後の日本の経済発展に対し、自然保護・共生の思想を打ち出していく中西への共鳴が、村田が晩年さかんに手がけた、少年・少女が鳥たちと親和する主題につながった可能性もある。
本展では、彫刻家・村田の歩みとともに、これまで知られてこなかった野鳥の会との交流も明らかにしていく。
前期:2月12日(水)~2月24日(月・休)
後期:2月29日(土)~3月15日(日)

開催概要

直前の記事

中国の陶芸展

漢時代から明・清時代にわたる館蔵の中国陶磁器コレクション約六十点を展観。 戦国時代の計量道具から、唐三彩の壺、宋時代の砧青磁、明時代の青花・五彩まで、時代順に展示し、二〇〇〇年にわたる中国のやきものの歴史を展望する。 館

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る