東京都

村井正誠 あそびのアトリエ

洋画家・村井正誠(1905-1999)は、戦前は新時代洋画展や自由美術家協会、戦後はモダンアート協会の創立メンバーとして、画壇に新風を送り続けた抽象絵画のパイオニアだ。岐阜県大垣市に生まれ、和歌山県新宮市で少年期を過ごした村井は、文化学院の大学部美術科第一期生として学んだ後、1929年に渡仏し当時最先端の美術潮流に刺激を受ける。1939年からは世田谷区中町に自宅兼アトリエを構え、終生この地で創作を続けた。
村井の絵画は一貫して「人」をテーマとし、おおらかであたたかな独特の雰囲気を纏っている。また、様々な素材によるオブジェ制作にも取り組み、絵画に劣らない豊かな造形はかわいらしさやユーモアに溢れている。そして、自作品が民芸品など愛着の品々とともに並んだアトリエは、それ自体が村井の造形世界を凝縮したかのようだ。そのアトリエは現在、建築家・隈研吾の設計により、画室をそのまま内部に保存した美術館となっている。
本展では村井の画業をたどるとともに、版画やオブジェ、素描など多彩な創作活動と、作品が生み出されたアトリエを紹介し、村井の造形にひそむ「あそび」の精神を探る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る