栃木県

ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展(栃木展)

世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっているリヒテンシュタイン。
アルプスに抱かれた小国が誇る侯爵家コレクションの華麗さは、宝石箱にもたとえられる。
本展は16世紀から19世紀に制作された北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、侯爵たちが愛し収集した東洋・西洋の陶磁器、合わせて約130点で構成される。
ヨーロッパ大貴族の宮殿を飾った絵画と陶磁器の共演を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

山田耕筰と美術

「からたちの花」などの歌曲から交響曲まで、日本初の本格的な作曲家として、また指揮者として活躍した山田耕筰(1886-1965年)は、青年期から音楽のみならず、舞踊や演劇、そして美術にも大きな関心を抱き、さまざまな美術家た

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る