宮城県

仙台の近世絵画-新春を迎えて-

新春に交わす年賀状やお正月飾りなどには、松竹梅、富士山などの図柄がおめでたいものとして用いられる。それらは江戸時代の掛け軸や屏風にも、幸福への願いを込めて描かれていたものだった。長寿や富などを象徴する神さまや動物たち、寒さに耐えていち早く開花する梅などの絵画を、当時の人々も新春の喜びと一年の幸福の祈りを込めて眺めていたのだ。
この展示では館蔵の江戸時代の絵画のうち、新春にふさわしい、季節の風物やおめでたい題材のものを集めて紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る