宮城県

柄鏡の美

柄鏡は、銅鏡に柄を付けたもので江戸時代に流行した化粧道具。柄の付いた和鏡は、室町時代終わりからみられ、江戸時代に庶民が使うようになるとだんだんと鏡が大きくなり、鏡背には、吉祥紋や風景、文学の一場面など様々な図柄が描かれるようになった。このような柄鏡には、鏡師の銘が刻まれるものもある。銘には「天下一」という特別な称号を付したものがあり、そこからはおおよその製作年代を読み取ることができる。
この展示では、柄鏡の形態や銘、図柄を通してその魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る