静岡県

名刀への道

公式サイト

日本刀が完成したのは、平安時代後期と考えられている。この時代は刀剣だけでなく、日本の自然を描いたやまと絵、貴族文化を反映した和様彫刻、かな文字で編まれた物語など、様々な分野で日本独自の表現が生まれ、国内に広まっていった。新しいものを生み出す時代の空気が、大陸からもたらされた直刀から脱し、反りや鎬(しのぎ)といった特徴を持つ日本刀の誕生に一役買ったのかもしれない。
日本刀誕生期には、伯耆(ほうき)の安綱(やすつな)、豊後(ぶんご)の行平(ゆきひら)、備前の包平(かねひら)などの名だたる刀工が活躍した。それらの刀剣には、誕生間もない時代特有の力強さが溢れ、今でも多くの人々を惹きつけている。本展ではこれらの名工が活躍した平安時代後期から鎌倉時代にかけての刀剣を中心に展示。
また、12世紀以前に日本で造られていた刀剣はどのようなものだったのか。直刀や蕨手(わらびて)刀といった現存する刀剣をもとに概観し、日本刀誕生までの道のりを紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る