奈良県

最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展

公式サイト

門外不出の国宝、天下五剣の一つ「童子切」をはじめ、平安時代に伯耆国(現在の鳥取県中・西部地域)で活躍した刀匠・安綱とその一門の国宝・重文ほぼ全てが集結。日本刀成立の謎に迫る。
本展では国宝・重要文化財に指定された安綱・古伯耆のほぼすべての作品が、900年の時空を超えて、春日大社国宝殿に集結する画期的な展覧会となる。日本刀は正倉院宝物などに みられる直刀から、刀工の祖とされる大和国(奈良県)の天国が作ったとされる小烏造(鋒両刃造)や毛抜形太刀といわれる様式を経て、平安時代中期から後期にかけて美しい反りをもつ日本刀が成立した。
こうした日本刀が成立する過程で安綱は、京都の三条宗近・古備前刀工とならんで、最古級の刀匠とされていることから、国学院大学所蔵の直刀(6世紀)から、春日大社が所蔵する鋒両刃造の国宝「黒漆平文飾剣」 や国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」、大山祇神社(愛媛県)所蔵の「古神宝太刀」をはじめ、日本刀の発祥の地とされる大和、山城、備前の名刀をあわせて展示し、日本刀成立の謎に迫る。今回展示される作品には、素晴らしい拵(太刀拵)が付いているものが多く、刀身と共に拵(外装)も併せ展示。また、一説に安綱は奈良市杣ノ川町の出身で、刀剣に反りをつけた最初の刀工という伝承がのこされている。こうした説話がうまれる背景など、文化的側面からも安綱の謎、魅力に迫る。
※会期中、展示替えあり。詳細は公式サイトへ。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る