岡山県

松田基コレクションⅨ|夢二名品展・特別展示 夢二と同じ時代を生きた画家

夢二郷土美術館の約3,000点に及ぶコレクションは同館の創設者で初代館長を務めた松田基(もとい)によって蒐集(しゅうしゅう)され、松田の信条であった「実業家として文化貢献こそが使命である」という考えに基づいて保存・公開されている。松田は昭和26(1951)年に岡山出身である竹久夢二(1884-1934)の作品に出会い、同郷の夢二作品の里帰りを念じて蒐集を始め、夢二の故郷に美術館を創設した。
本展では松田が特に好んだ作品を含め、本年生誕135年を迎えた夢二の多彩な画業を紹介すると同時に、夢二と同時代に活躍した画家の作品を展示する。日本の洋画界に大きな影響を与えた藤島武二やエコール・ド・パリの画家として知られる藤田嗣治、自然を愛し描き続けた熊谷守一など、コレクションの中から夢二以外の画家の作品が展示されるたいへん貴重な機会となる。
同時に8期目となる13名の「こども学芸員」が選んだ夢二作品を、こどもたちの瑞々しい感性と鋭い視点から書かれた手書きの解説とともに楽しめる。冬の特別展示としてトランプに興じる女性たちを描いた屏風《砂時計》、華やかな着物をまとった立ち姿が美しい《舞姫》も特別公開。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る