広島県

アカルイ カテイ

昭和14(1939)年に上梓された『明るい家庭』という1冊の本がある。
家庭を明るく保つための女性のふるまい方をさまざまに説くその本は、冒頭、料理の味を生かすも殺すも塩次第だとの側室の説明に得心したという徳川家康のエピソードを引き、家庭においては女性はいわば「調味料」の役割を果たすべきだと暗にほのめかし、はじまる。
しかし、引き合いに出された家康にとっては、まるで見当のつかない話かもしれない。
なぜなら、そもそも日本において、「家庭」や「家族」は、それまでのイエ制度に取ってかわるものとして明治時代にあらたにつくられた概念なのだから。
では、現代に生きるわたしたちには、どのように聞こえるか。
この展覧会では、明治大正生まれの作家から1980年代生まれの作家まで11人を取りあげ、
彼女/彼らの創作活動のなかに家庭や家族がいかなる影を落とし、いかなる光を照らしているのかを見ていく。
それによって「明るい家庭」をアップデートし、この先の「アカルイ カテイ」実践の方法を探ってみたいと思う。

開催概要

直前の記事

企画展「遠流の地 土佐」

「遠流(おんる)」という言葉を耳にしたことがあるだろうか。古代の日本で行われた刑罰である流刑のひとつだ。当時の都・京都からの距離によって、「近流(こんる)」・「中流(ちゅうる)」・「遠流」の三流(さんる)が存在した。その

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る