福岡県

高橋 秀 + 藤田 桜 素敵なふたり(福岡展)

公式サイト

ちょっと心がくすぐられる、生命感あふれる有機的なフォルムの作風で知られる高橋秀( 1930-)は広島県福山市で生まれ、1961年に安井賞を受賞した。藤田桜は東京に生まれ、現在の大妻女子大学を卒業後、少女雑誌『ひまわり』の編集者として若き日を過ごした。やがて、ふたりは出会い、1958年に結婚する。新居を世田谷・弦巻に定め新生活をスタートさせたが、1960年代はじめには日本を離れ、ふたりはイタリアにわたり2004年までの41年間、ローマを暮らしと制作の拠点とした。
高橋は現代美術作家としてヨーロッパ各地、そして日本でも作品を発表し、藤田は布貼り絵という独特な表現で、子供向け図書の表紙絵や絵本の制作を重ねた。現在、ふたりは岡山県倉敷市の沙弥海岸にアトリエを構え、互いに90歳前後となってもなお、それぞれに作品の制作を続けている。本展では、この素敵なふたりの歩みと、その創作の軌跡を最近作も交えて紹介する。

開催概要

直前の記事

澄川喜一 そりとむくり

本展は、戦後日本の抽象彫刻を牽引してきた澄川喜一(すみかわ・きいち/1931年生まれ)の、首都圏の公立美術館で開催される初の大規模個展。最新作を含む約90点の作品・資料によって、60有余年におよぶ澄川の創作活動の全貌を、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る