福岡県

日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ショパン—200年の肖像(福岡展)

‘ピアノの詩人’と呼ばれるポーランド出身の作曲家、フリデリク・ショパン(1810−1849)。その優美繊細なメロディの数々は、私たちに馴染み深いものである。一方で、彼の生きた時代や、その人物像は一体どのようなものだったのだろうか。今回の展覧会では、遺された自筆譜をはじめとする数々の資料から、混迷する19世紀前半のワルシャワやパリで生き、愛し、音楽の可能性を追求したショパンの実像に迫る。生前から現在までのショパンの肖像、彼が暮らした都市、周辺の人々、日本でのショパン受容、その名を冠したピアノコンクールなど展示資料の総数は約250点。特に、「エチュード」(作品10−8)などポーランド国外に出ること自体が珍しい楽譜や手紙は必見。日本とポーランドの国交樹立100周年を記念する展覧会として、日本初公開品を含む貴重な資料や絵画、ポスター、書籍といった多彩な展示から、年月を経てさらに輝きを増すショパンの魅力を堪能できる。

開催概要

直前の記事

没後130年 平福穗庵展

平福穗庵(1844-1890)は、角館(現・秋田県仙北市)の出身。絵師になることを志して幕末の京都に遊学した穗庵は、維新後、地元の絵師として頭角をあらわし、のち上京し画家団体である東洋絵画会などで活躍した。近代日本画の大

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る