大分県

森のささやきが聞こえますか 倉本聰の仕事と点描画展(大分展)

北海道富良野を拠点にテレビドラマ『北の国から』、『風のガーデン』、映画『駅 STATION』など数多くの名作を世に送り続けてきた脚本家 倉本聰。特に『北の国から』は北海道の大自然の中でのびのびと生きる親子3人を描き、日本を代表するテレビドラマとなった。
その後、北海道に『富良野塾』を設立、主に脚本家や役者の養成に力を注いだ。近年の作品には東日本大震災を題材とした演劇『ノクターン』、シニア世代向けのテレビドラマ『やすらぎの刻~道』など時代と向き合う作品で注目を集めている。
本展は、脚本家・倉本聰の仕事と樹々が織りなす点描画の展覧会となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る