岩手県

阿部芳太郎展

宮沢賢治の詩集『春と修羅』の外箱装丁に携わり、彼が推し進めた農民劇の背景画を担当した花巻の画家として知られる阿部芳太郎(1892‐1946)は、賢治との交友はもとより同地域の美術運動をけん引し、その中核をなす絵画活動を展開した。
1892(明治25)年、岩手県矢巾町徳田に生まれた阿部芳太郎は、画家を志し日本画家の小川芋銭の門をたたく。しかし生計の資とはならないと悟った彼は、間もなく帰郷し、花巻市内で看板業及び紙函製造業を営む。大正期を通して岩手美術界をけん引した盛岡の絵画グループ「七光社」に参加し、岩手を代表する美術家たちと交流を重ねる。それは花巻で「七光社」出張展を開催したり、彼等から協力を得た花巻美術展を企画したりと、市内の芸術文化の高揚に多大な影響を及ぼしていく。また、地元出身画家の萬鉄五郎を慕い、彼が結成した「円鳥会展」にも参加している。さらに、大正11年頃には市内の絵画グループ「雑草社」を結成し、市内の愛好者を集め地方美術の推進を図っていく。
今展は56年ぶりの遺作展として、阿部芳太郎の画業を紹介するとともに、宮沢賢治や萬鉄五郎とのかかわりにも光を当てていきたいと思う。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る