北海道

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術(北海道展)

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えていった。ミュシャ財団監修による本展は、幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、彼の原点と作品の魅力に迫る。
さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどる。
時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展である。

開催概要

直前の記事

no image

企画展「江戸の百人一首」

「百人一首」は、江戸時代になると武家や町人、遊女に至るまで広く親しまれるようになった。また、それに伴い、和歌に当時の流行や物語を絡めた遊びも生まれた。本展で紹介する「小倉擬(なぞらえ)百人一首」(広重、国芳、三代豊国)や

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る