東京都

山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 上村松園と美人画の世界

生涯にわたり美人画を描き続けた日本画家・上村松園(1875-1949)。このたび、山種美術館が広尾に移転し開館してから10周年を迎えたことを記念して、同館が所蔵する松園の作品を一挙公開する特別展を開催する。同館創立者で初代館長の山﨑種二(1893-1983)は、松園と親しく交流しながら作品を蒐集した。《蛍》、《砧》、《牡丹雪》などの代表作を含む同館所蔵の作品計18点は、屈指の松園コレクションとして知られる。
京都で生まれ育った松園は、京都府画学校に通い鈴木松年に学んだのち、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事し、技法の習得に励んだ。早くから頭角を現し、江戸や明治の風俗、和漢の古典に取材した女性像を描いて、文展や帝展など数々の展覧会に出品を重ねて活躍する。美人画の名手として高く評価され、1948(昭和23)年には女性として初めて文化勲章を受章した。「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語った松園が描き続けた気品ある美人画は、今なお多くの人々に愛されている。
本展では、松園と同時代に活躍し「西の松園、東の清方」と並び称された鏑木清方や、その弟子の伊東深水の美人画、さらに村上華岳、小倉遊亀、橋本明治などの日本画家による、多彩な女性像を紹介する。松園の美人画とともに、近代・現代のさまざまな画家たちが女性の姿を描き出した作品をご覧いただきながら、日本画における美人画の世界の豊かな広がりや、その表現の展開を楽しんでほしい。
※会期中一部展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る