東京都

〈対〉で見る絵画

公式サイト

東洋の絵画には、2幅対(ふくつい)や3幅対など、複数の掛幅からなる対幅や、右隻と左隻で1双となる屏風など、〈対〉で成り立つ作品が数多くある。対幅は全体としてだけではなく、単幅や異なる組み合わせでも鑑賞できる性質をもっている。そのため、伝来の途中で4幅対が2幅ずつに分割されたり、あるいは逆に別々の作品が組み合わされて対幅に仕立てられるということもあった。
この展覧会では、「〈対〉で見る絵画」の各幅・各隻相互の連続性や独立性、対比のおもしろさや全体の完結性など、その見どころの多様さを楽しんでいただく。絵画と同じように、刀装金具に表された対の図様にも注目してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る