高知県

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展(高知展)

亀山達矢(かめやま たつや)と中川敦子(なかがわ あつこ)による二人組のユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)は、絵本やイラストレーションをはじめ、アニメーション、ワークショップ、舞台美術、雑貨、空間デザインなど、さまざまなジャンルで活躍するアーティスト。
2002年、布雑貨の制作から活動をスタートしたtupera tuperaは、飾れるジャバラ状の絵本『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活動の場を広げる。造本においてもユニークな『しろくまのパンツ』(2012年)、パンダの秘密を暴く『パンダ銭湯』(2013年)など、斬新なアイディアとユーモアあふれる話題作を次々と発表してきた。また、2019年には、やなせたかしさんの遺言をもとに創設された、子どものための絵本や作詞作曲などの制作活動を表彰する「第1回やなせたかし文化賞大賞」を受賞した。
本展は、「人とつながることで新しいものが生まれる」というtupera tuperaの絵本をはじめとするモノづくりの軌跡をたどる、初めての大規模な展覧会。紙を切って台紙に貼り付けて制作された代表作の絵本の原画を中心に、立体作品やイラストレーション、映像作品など、約300点を紹介する。「ぼくと わたしと みんな」で、ユニークで多彩なtupera tuperaの世界を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る