茨城県

ガレの陶芸 -世紀末の煌めき 昆虫・植物・ジャポニスム-

本展は、アール・ヌーヴォーの巨匠エミール・ガレの陶芸に焦点をあて、初期の作品から 制作が佳境に入る1880年代後半の大作まで、約90点をまとめて紹介する貴重な機会である。ガレ商会のアート・ディレクター的存在として、昆虫や植物など身近な自然や、日本をはじめとする異国の文物を着想源に、ガラスや木工家具だけではなく、陶芸においても新しい芸術表現を生み出そうとしたガレの飽くなき創意と情熱を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る