京都府

婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」

初代編集長、国木田独歩のもと、明治38(1905 )年に誕生した「婦人画報」は、2020年に創刊115周年を迎える。創刊以来、一貫して上質な情報を女性に届けてきた「婦人画報」がとりわけ大切にし、誌面で紹介し続けてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、伝えてきた、京都の「人」と「家」である。本展覧会では、京都13家の「人」が手掛けた作品や、「家」に伝わる宝物など、約80点を展示すると同時に、「婦人画報」に掲載された、「人」と「家」に関する貴重な写真や記事をパネル展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る