北海道

七彩(しちさい)の美 旭川ゆかりの画家たち

旭川最初の画会ヌタックカムシュッペ画会が1918(大正7)年に創立してから100年。創成期に活躍した高橋北修から佐藤進をはじめ、旭川出身で日本を代表する抽象画家難波田龍起、富良野に住んで制作を続けた小野州一など、多彩な絵画表現を展観する。

開催概要

直前の記事

特別展「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション-メトロポリタン美術館所蔵」(大阪展)

日本の竹工芸は、線で構成された軽やかな造形が魅力であり、現代アートとして捉えなおされて国際的に高く評価されている。なかでも、ダイアン&アーサー・アビー夫妻が収集した竹工芸は世界屈指のコレクションとして知られ、2017年か

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る