京都府

清宮質文 -限りなく深い澄んだ空気

清宮質文(せいみやなおぶみ、1917-1991)は、画家、版画家の清宮彬(ひとし)の長男として東京に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で油彩画を学ぶ。1953年ころから画業に専念するようになり、以降、本格的に版画やガラス絵を制作した。その静謐で詩情に満ちた画風は高く評価され、今でも多くの人々を魅了してやまない。
本展は、関西ではじめて、その画業の全貌を紹介する機会となる。版画家として広く知られる清宮だが、ガラス絵の作品にも焦点をあて、心の奥底へ深くしみ渡っていくような清宮質文の芸術の魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

岡本太郎展

「芸術は爆発だ!」のフレーズで知られ、絵画、彫刻、写真など様々なジャンルで活躍した芸術家・岡本太郎(1911~1996)。1970年には大阪万博のシンボル《太陽の塔》で一躍脚光を浴び、2025年の万博開催に向け、今またそ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る